自粛中に高校生の妊娠相談が増えている?家デートで自分を守るために大切な2つのこと

公開日: : 最終更新日:2020/05/22 付き合ってから, 学生の恋愛 ,

緊急事態宣言の間は、ほとんどのデートスポットが休みになっていましたね。
この期間にどういう会い方をするか、全く会わないのかはカップルによってそれぞれでしょう。
会う場合も、彼氏か彼女の家に行くパターンが多かったと思います。

家デートは、特別に工夫をしなければ
「ただ体の関係を持つだけ」
という感じになりがちです。

関係を持つ最大のリスクは、望まない妊娠ですよね。
今回の記事では、自粛中の家デートで望まない妊娠を避けるための心構えについてお伝えします。

自粛中に増える妊娠相談

神戸市北区にある24時間対応の窓口「小さないのちのドア」には4月、通常と比べて約3倍の89人から新たに相談があり、
10代の比率も上がっているとのこと。
家デートで体の関係を持つこと自体は悪くはありませんが、きちんと避妊をしないと未来が180度変わってしまうことに
なりかねません。

自粛中の妊娠を避けるためには、NOという勇気を持つ

望まない妊娠を避けるのに最も大切なことは「自分の基準をきちんと持つ」ということ。
避妊をしない状態にOKをしてしまう女性は「彼がどう思うか」を中心に考えてしまうことが多いです。
相手中心なのはいいことですが、それをやりすぎてしまうと単に利用されるだけになることもあります。

自分でも避妊の準備をしておく

あなたが何も言わなくても、彼が積極的に避妊してくれるのがベストですが、
そうではない男性がいるのもまた事実。

だからといって、彼の思うままにさせるのは良くありません。

「彼が避妊してくれない…」
という受け身の姿勢になるのではなく

「こういう避妊だと、楽しめそうじゃない?」
と、自分からも提案していくこともしましょう。

バースコントロールは、女の義務です。
彼だって「自分ばかり頑張っている」よりは
「彼女と一緒に頑張っている」方が、張り合いがあるというものです。

スポンサーリンク

関連記事

大学卒業後に就職! 同棲する気がない彼氏との付き合い方

「私は22歳の大学4年で今年の4月から就職します。 1つ年上の彼は社会人1年目で、大学時代からの付

記事を読む

彼氏に誕生日を忘れられた!!別れるかどうかのベストな対応3つ

「先週は私の誕生日でした。 なのに、彼氏は何も言ってこないんですよ! 後から『数字を覚えるのが苦

記事を読む

回避依存症の男性に密着取材!彼女と別れ→復縁を繰り返す理由とは?

回避依存症の男性は、一人の女性を別れ→復縁 を繰り返すことがとても多いです。 いったいどんな心理で

記事を読む

no image

緊急事態宣言でコンドームが売り切れ?大量買いする夫婦と使わない夫婦の違いとは?

「実は、コンドームをまとめ買いしました。 彼氏と家デートばかりなので、その時に使うので…(照)」(

記事を読む

不倫相手を愛しすぎてる女性が婚活を始めるときの心得

「不倫をしています。私は独身で、彼は既婚です。 彼は私のことを愛しているとは言うし、私も気持ちは同

記事を読む

緊急事態宣言解除後のデートどこいく?彼氏と会う時の注意点

緊急事態宣言は、一緒に暮らしていない全てのカップルに大打撃を与えたと感じます。 外出自粛要請が

記事を読む

プロポーズを女性から!手紙で伝える愛の告白

プロポーズを女性から手紙でするのは、映画やマンガの世界だけと思われがちですが、 あながちそうでもあ

記事を読む

彼女のLINEがそっけないのは愛の証!未読放置は冷めているからじゃないって本当?

彼女のLINEがそっけないんです… このような悩みはよくあることです。 男性と違って、ほとん

記事を読む

誠実な彼氏の特徴って?見分けるところはただ一つ!

社会人になる前…つまり、中学生~大学生までの間で幸せな恋愛をする方法は、ただ1つ! 誠実な人を

記事を読む

30代ですが彼氏と別れるか迷う!別れるか続けるかを決めるポイントは?

「彼氏と別れるか迷う…」 このような気持ちになるのは、付き合いが長くなれば誰でもあること。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

不倫相手を愛しすぎてる女性が婚活を始めるときの心得

「不倫をしています。私は独身で、彼は既婚です。 彼は私のことを愛して

男性一人で行けるであいの場所!出会いアプリに頼らなくても会える場所はここだ!

つぐみ恋愛相談所には2割くらい男性のお客様がいらっしゃいます。

キャリア女子の相手選びで絶対外せない条件とは?

この記事を読む前に必ずお読みください

出会い系アプリの罠?一度関係を持ったのに未読スルーする彼女の心理は?

「いわゆる出会いアプリと呼ばれるところで知り合った女性と食事に行きまし

女性向け結婚相手の選び方は職業よりコレを重視すれば完璧!

自然な出会いで結婚できるのが理想ですが、女性も25歳を過ぎると少しずつ

→もっと見る

PAGE TOP ↑