女性向け結婚相手の選び方は職業よりコレを重視すれば完璧!

公開日: : 最終更新日:2020/10/05 付き合う前, 婚約・結婚

自然な出会いで結婚できるのが理想ですが、女性も25歳を過ぎると少しずつ知り合いの紹介で出会って…というパターンは減ってきます。

このような占いで未来を予測し、いざ婚活へと繰り出すのは自然な流れですね。

たいていは

・婚活用のマッチングアプリ
・婚活イベント

の2つのうちどちらかないしは両方に参加することになると思います。

ここで注意したいのは、お付き合いの時と結婚後では、長所と短所が違ってくることです。

 

今回は、お付き合いの時は素敵だけど、結婚すると短所になる部分についてお送りします。

 

【気前がいい】

「あ、キミは支払わなくていいよ」

と、クレジットカードでスマートに会計を済ませる彼…素敵ですよね。

ところが、結婚して財布が一つになってしまうと

「後輩におごらないといけないから…」

など、カッコつけるためにお金を使ってしまうことが多発します。

気前がいいということは、出ていくお金を気にしないということ。

このタイプは、心の距離が遠い人にはお金を使ってしまう傾向があります。

おおらかな反面、家計をマイナスにしやすいのです。

 

【多趣味】

夫婦となった場合、1つくらいは共通の(子供以外の)話題があった方がいいと思います。

しかし、相手が多趣味すぎると、それをするためのお金がかかります。

「離婚した夫は、フットサルが好きでした。

8チームも所属していたので、ユニフォーム代や遠征費用でボーナスが吹っ飛んでました。

私は子供を望んでいましたが、とても作れる家計じゃなかったですね」(35歳女性 バツイチ)

 

仕事以外の趣味の話がある男性は素敵ですが、結婚を前提にする場合

「毎月、どのくらいの時間やお金を割くのか」

「結婚後、頻度を減らす意思はありそうか」

は、それとなく聞いてみましょう。

 

趣味に命をかけている場合は、口では辞めると言っても結婚したくらいで辞めることはないかもしれません。

 

気前がよくて趣味が多い人は、話題も豊富で最初は楽しいもの。

しかし、家計の管理をあなたに任せてもらえるのでなければ、結婚前によく彼を観察しましょう。

最悪の場合「俺が稼いでいるから」と、二人の生活費より、自分の趣味やカッコつけにお金を使うこともあるかもしれません。

彼と結婚してもいいかわからない…

自分で考えると迷ってしまうあなたは、このようなところで占ってみては?

橘つぐみ的には
「男はこうあるべき、女はこうあるべき」
が強い人ほど
「俺が稼いでいるから」
と、趣味を辞めない最悪の傾向が強いです。

これを見抜く方法は簡単で
「私の友達で、結婚しているのに浮気しまくっている人がいるんだよね~」
「友達の家は、奥さんの収入が高いから、旦那さんが主夫みたいに家事してるらしい」
と、女が優位になっている事例を話してみましょう。

男尊女卑が強い人は、絶対に否定します。

 

「恋愛と結婚は別」

という言葉は、私もその通りだと思います。

結婚は、相手の長所をひっくり返した短所まで共有することになるんですよね。

もちろん、短所が長所となる場合もあります。

そこが面倒でもあり、楽しくもあるのです!

スポンサーリンク

関連記事

no image

婚活の40代男性は勘違いしている?上から目線な男性を避けるには?

「40代の男性と会うことが多いんですが… 何で、みなさんそんなに上から目線なんですか?」 わ

記事を読む

私は意外と愛されてた!?回避依存症の彼がする愛情表現教えます

回避依存症というのは、人と深く繋がることを恐れる症状です。 依存症といっても病気ではなく、彼らの表

記事を読む

であいない どうしたらいい?男が出会い系を使うと失敗する理由とは?

「職場と家の往復で出会いがありません。どうしたらいいでしょうか?」 出会いがないなら、自分から

記事を読む

デート3回目で何も進展なし?3回目のデートで彼が考えていること

3回目のデートまで関係が継続するということは、相手はあなたに好意を持っているといっていいと思います

記事を読む

回避依存症の人は突き放すといい?彼が戻ってくる男性心理とは?

回避依存症というのは、人に心を開きにくい癖みたいなもの。 モテる男、浮気症の男に多いです。 女性

記事を読む

彼氏のスマホにマッチングアプリを見つけた!してはいけないことは何?

「彼氏にスマホを借りて検索をしていたら、マッチングアプリらしきものを発見しました。 問いつめるべき

記事を読む

婚約。相手の親に挨拶の時「嫁に来てくれてありがとう」と心から思われる挨拶4選【女性編】

男性編の記事はこちら 婚約中の第一関門は 「相手の親に挨拶」 だといえるでしょう。

記事を読む

好きだから?LINEの返信を催促してくる男の本音

「おーい」 「どうしたの?返信ないよ?」 LINEの返信を、このように男性から催促された

記事を読む

不倫相手を愛しすぎてる女性が婚活を始めるときの心得

「不倫をしています。私は独身で、彼は既婚です。 彼は私のことを愛しているとは言うし、私も気持ちは同

記事を読む

回避依存の彼が無視する?彼が戻ってくるLINE術

あなたは回避依存という言葉を、聞いたことはありますか? 回避依存症とは「人との深い関係性の構築

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
婚活アプリの写真を盛るのはダメ!モテなくなる2つのデメリット

最近は、スマホで撮影するだけで、それなりに美肌でシュっとした写真が撮れ

マッチングアプリでヤリモクの男性によくある特徴

婚活の相談を受けていると お客様「元カレと別れて...かくかくし

好きだから?LINEの返信を催促してくる男の本音

「おーい」 「どうしたの?返信ないよ?」 LINEの返信を

男を感じない彼氏と結婚するのはアリですか?

「男を感じない」という言葉はよく聞きますが ・付き合いが長くなり

コロナで緊急事態宣言!彼氏彼女の家にデートへ行ってはいけないの?

新型コロナウイルス対策で一都三県(東京、千葉、埼玉、神奈川)に緊急事態

→もっと見る

  • 橘つぐみ

    つぐみ恋愛相談所 代表。

    「男選びは人生選び」をモットーに2005年から恋愛相談、セミナー、出会いイベントを開催。

    著書に「野性の勘で恋せよ乙女!」(講談社)「最終彼氏の見つけ方」(大和出版)「5秒で彼診断!恋のリトマス試験紙」(毎日新聞社・共著)がある。




PAGE TOP ↑